未分類

ブログ記事を書くスピードを上げる方法【早く書く・効率よく・書くのが遅い人・執筆・1記事・時間】

ブログを早く書く方法を紹介します!

慣れてくると1記事(約1500文字)を1時間以内で書けるようになります!

隙間時間にタイトルや見出しを考えてメモしておく・ブログを書くスピードを上げる方法

パソコンの前に座ってゼロから記事を考えるのは大変だし時間がかかってしまいます。

電車に乗ってるときや、お風呂に入っているときや、ちょっとした隙間時間に記事のタイトルと目次を考えておくのがおすすめです。

スマホでもなんでもいいので、メモしておきましょう。

記事タイトルと目次内容が決まっているだけで、かなりブログを書くのが楽になります。

自分なりのブログ記事の定型やスタイルを作っておく・ブログを早く書く方法

ブログを書くときは最初にリード文があって、この記事に何が書いてあるかを簡単に紹介して……

内容の紹介が項目ごとにあって……

最後にまとめを書く。

という流れが基本ですね。

自分なりに記事の定型スタイルを決めておくと、書きやすくなります。

ブログを書くのが遅い人の特徴・対処法・最初から完璧に書こうとし過ぎない・あとからリライトして追記すればいいことを知っておく・時間がかかる

ブログを書くのが遅い人の特徴として、最初から完璧な記事を書こうとしていることが多いです。

ただ、ブログはやり始めると分かるんですけど一生懸命書いたからといってアクセスがくるとは限らないんですね。

ライバルや検索ボリュームの関係もあって、どんなに頑張って書いても結局アクセスがこないことはよくあります。

なので、アクセスがきたり検索順位が上がってきてから記事をリライトして情報を追記したり見やすく装飾しても充分に間に合います。

最初の段階ではそこまで完璧に書かなくていいことが分かると、肩の力が抜けてブログを書く速度が上がるはずです!

よく使うフレーズやリンクをプラグイン「AddQuicktag」に登録しておく・メモ帳・ブログを早く書く方法

吹き出しとか、よく使うリンクはプラグインの「AddQuicktag」に登録しておいてショートカットで出せるようにしておくのも重要です。

パソコンのメモ帳に登録しておいて、コピー&ペーストですぐに出せるようにしておくのもいいですね。

ブログを書くスピードを上げる方法まとめ・効率よく早く書く・1記事1時間以内で書ける!

・隙間時間にタイトルや見出しを考えてメモしておく!

・自分なりのブログ記事の定型やスタイルを作っておく

・最初から完璧に書こうとしない!あとでリライトすればいいので肩の力を抜いて書く

・よく使うフレーズを「AddQuicktag」に登録してすぐ出せるようにしておく